よくあるご質問

会社の取締役をしています。自己破産できますか?会社に影響がありますか?

ホーム よくある質問自己破産会社の取締役をしています。自己破産できますか?会社に影響がありますか?
会社の取締役をしています。自己破産できますか?会社に影響がありますか?

会社の取締役をしている方でも、自己破産することは可能です。

破産手続き中に資格制限を受ける職業があります。
かつて、会社の取締役もその1つでした。つまり、破産手続き中は、会社の取締役には就けないことになっており、会社の取締役が自己破産する場合、取締役を辞任しなければなりませんでした。
しかし、法律の改正により、このような制限はなくなりました。
ただし、取締役は、会社からの委任契約により、会社を経営しているのですが、民法上、受任者が破産すると委任契約は終了すると規定されています。
したがって、会社の取締役が自己破産する場合、会社から再度選任を受ける必要があります。

債務整理・自己破産・個人再生は
弁護士法人中部法律事務所にお任せください。
名古屋事務所
春日井事務所

対応エリア
対応エリア

●名古屋市内

(千種区・東区・北区・西区・中村区・中区・昭和区・瑞穂区・熱田区・中川区・港区・南区・守山区・緑区・名東区・天白区)

●愛知県全域

(一宮市、瀬戸市、春日井市、半田市、豊橋市、岡崎市、豊川市、津島市、碧南市、刈谷市、豊田市、安城市、西尾市、蒲郡市、犬山市、常滑市、江南市、小牧市、稲沢市、新城市、東海市、大府市、知多市、知立市、尾張旭市、高浜市、岩倉市、豊明市、日進市、田原市、愛西市、清須市、北名古屋市、弥冨市、みよし市、あま市、長久手市、愛知郡東郷町、丹羽郡、海部郡、知多郡、額田郡幸田町)