よくあるご質問

会社の取締役をしています。自己破産できますか?会社に影響がありますか?

ホーム よくある質問自己破産会社の取締役をしています。自己破産できますか?会社に影響がありますか?
会社の取締役をしています。自己破産できますか?会社に影響がありますか?

回答

会社の取締役をしている方でも、自己破産することは可能です。

ただし、破産手続開始決定を受けると一旦取締役の地位を喪失するため、取締役に復帰する場合は再度株主総会で取締役に選任される必要があります。

 

解説

取締役と会社との関係は、民法の委任に関する規定が適用されます(会社法330条)。そして民法の規定によれば、取締役が破産手続開始の決定を受けた場合、委任関係は終了します(民法653条)。

そのため、再度取締役になるためには、株主総会にて選任される必要があります。

 

参考条文

(会社法)

(株式会社と役員等との関係)
第三百三十条 株式会社と役員及び会計監査人との関係は、委任に関する規定に従う。
 
(民法)
(委任の終了事由)
第六百五十三条 委任は、次に掲げる事由によって終了する。
一 委任者又は受任者の死亡
二 委任者又は受任者が破産手続開始の決定を受けたこと。
三 受任者が後見開始の審判を受けたこと。
債務整理・自己破産・個人再生は
弁護士法人中部法律事務所にお任せください。
名古屋事務所
春日井事務所

対応エリア
対応エリア

●名古屋市内

(千種区・東区・北区・西区・中村区・中区・昭和区・瑞穂区・熱田区・中川区・港区・南区・守山区・緑区・名東区・天白区)

●愛知県全域

(一宮市、瀬戸市、春日井市、半田市、豊橋市、岡崎市、豊川市、津島市、碧南市、刈谷市、豊田市、安城市、西尾市、蒲郡市、犬山市、常滑市、江南市、小牧市、稲沢市、新城市、東海市、大府市、知多市、知立市、尾張旭市、高浜市、岩倉市、豊明市、日進市、田原市、愛西市、清須市、北名古屋市、弥冨市、みよし市、あま市、長久手市、愛知郡東郷町、丹羽郡、海部郡、知多郡、額田郡幸田町)