よくあるご質問

平日は忙しいのですが、裁判所に行かなければなりませんか?こちらの都合は考慮してもらえますか?

ホーム よくある質問自己破産平日は忙しいのですが、裁判所に行かなければなりませんか?こちらの都合は考慮してもらえますか?
平日は忙しいのですが、裁判所に行かなければなりませんか?こちらの都合は考慮してもらえますか?

回答

自己破産手続においては、裁判所が指定する日時(平日のみ)に、裁判所に行く必要があります。病気等の特別の事情でない限り、破産者の事情はあまり考慮されません。

 

解説

破産手続では、破産者は、裁判所の求める説明に応答したり、必要な事項への協力をする必要があります。これらを拒否したり、協力しない場合、借金など債務の免責を受けられない可能性が出てしまいます。したがって、債権者集会や免責審尋などには、出席する必要があります。

 

また、これらの日時は裁判所が指定するものであり、病気等のやむを得ない特別の事情でない限り、破産者の事情は基本的に考慮されません。債権者集会や免責審尋の日時は、開催日時の1カ月以上前には明らかになりますので、日程調整の上、必ず出廷するようにしてください。病気等のためどうしても出廷困難な場合、弁護士にご相談ください。

債務整理・自己破産・個人再生は
弁護士法人中部法律事務所にお任せください。
名古屋事務所
春日井事務所

対応エリア
対応エリア

●名古屋市内

(千種区・東区・北区・西区・中村区・中区・昭和区・瑞穂区・熱田区・中川区・港区・南区・守山区・緑区・名東区・天白区)

●愛知県全域

(一宮市、瀬戸市、春日井市、半田市、豊橋市、岡崎市、豊川市、津島市、碧南市、刈谷市、豊田市、安城市、西尾市、蒲郡市、犬山市、常滑市、江南市、小牧市、稲沢市、新城市、東海市、大府市、知多市、知立市、尾張旭市、高浜市、岩倉市、豊明市、日進市、田原市、愛西市、清須市、北名古屋市、弥冨市、みよし市、あま市、長久手市、愛知郡東郷町、丹羽郡、海部郡、知多郡、額田郡幸田町)