よくあるご質問

弁護士と司法書士のどちらに自己破産を依頼するのがよいですか?

ホーム よくある質問自己破産弁護士と司法書士のどちらに自己破産を依頼するのがよいですか?
弁護士と司法書士のどちらに自己破産を依頼するのがよいですか?

回答

すべてを専門家に任せたい場合は、弁護士に依頼することをお勧めします。

 

解説

弁護士は、法律問題全般の専門家であり、任意整理、自己破産、個人再生などの債務整理について依頼者の代理人として申立等を行うことができます。また、過払い金返還請求についても、請求金額の上限なく代理人となることが可能で、訴訟などの裁判もすることができます。


これに対して、司法書士は、本来的には登記に関する専門家です。そのため司法書士は、自己破産の申立において依頼者の代理人となることができません。また、140万円を超える金額の任意整理や過払い金返還請求の代理人にはなることができません。

 

なお、一部の司法書士において、自己破産の相談や依頼を受けているところもあります。しかし、これは自己破産の申立の代理人としては依頼を受けておらず、自己破産の申立に必要な書類の作成を行っているにすぎません。したがって、自己破産の申立は、依頼者自身が行う必要があります。また、同様の理由から、司法書士は、債権者集会や免責審尋など、破産者と共に裁判所へ出廷することもできません。

 

  したがって、任意整理、自己破産、個人再生などの債務整理や過払い金返還請求について、すべて専門家に任せたいとご希望の方は、弁護士への依頼をお勧めします。

債務整理・自己破産・個人再生は
弁護士法人中部法律事務所にお任せください。
名古屋事務所
春日井事務所

対応エリア
対応エリア

●名古屋市内

(千種区・東区・北区・西区・中村区・中区・昭和区・瑞穂区・熱田区・中川区・港区・南区・守山区・緑区・名東区・天白区)

●愛知県全域

(一宮市、瀬戸市、春日井市、半田市、豊橋市、岡崎市、豊川市、津島市、碧南市、刈谷市、豊田市、安城市、西尾市、蒲郡市、犬山市、常滑市、江南市、小牧市、稲沢市、新城市、東海市、大府市、知多市、知立市、尾張旭市、高浜市、岩倉市、豊明市、日進市、田原市、愛西市、清須市、北名古屋市、弥冨市、みよし市、あま市、長久手市、愛知郡東郷町、丹羽郡、海部郡、知多郡、額田郡幸田町)