債務整理用語集

異時廃止(いじはいし)|債務整理・自己破産・個人再生・会社破産の用語集

ホームブログ債務整理用語集あ行異時廃止(いじはいし)
異時廃止(いじはいし)

1.定義

異時廃止とは、自己破産の申立ての場面において、破産手続開始決定後に、破産財団では破産手続の費用すら支弁するのに不足すると認められる場合に行われる廃止制度のことをいいます。

 

2.解説

異時廃止とは、破産管財人が財産調査を行ったものの、破産者に高価な財産が無く、配当の見込みが無い場合に破産手続を終了させることをいいます。これは、破産法217条1項に定められています。

 

異時廃止手続をとる場合、裁判所は、債権者集会の期日において破産債権者の意見を聴かなければなりません。異時廃止の場合は、自己破産の申立てをして、破産手続開始決定を受けた後、破産管財人が選任されますので、破産管財人の為の費用を予納金に上乗せして納めなければなりません。

 

なお、この予納金が債務者にとっては負担となっていたこともあり、一部の裁判所では少額管財手続という制度が設けられ、予納金の額が20万円まで引き下げられました。

 

 

債務整理・自己破産・個人再生は
弁護士法人中部法律事務所にお任せください。
名古屋事務所
春日井事務所

対応エリア
対応エリア

●名古屋市内

(千種区・東区・北区・西区・中村区・中区・昭和区・瑞穂区・熱田区・中川区・港区・南区・守山区・緑区・名東区・天白区)

●愛知県全域

(一宮市、瀬戸市、春日井市、半田市、豊橋市、岡崎市、豊川市、津島市、碧南市、刈谷市、豊田市、安城市、西尾市、蒲郡市、犬山市、常滑市、江南市、小牧市、稲沢市、新城市、東海市、大府市、知多市、知立市、尾張旭市、高浜市、岩倉市、豊明市、日進市、田原市、愛西市、清須市、北名古屋市、弥冨市、みよし市、あま市、長久手市、愛知郡東郷町、丹羽郡、海部郡、知多郡、額田郡幸田町)