よくあるご質問

訴訟しないで過払い金を取り戻すのと、訴訟して過払い金を取り戻すのでは何が違いますか。

ホーム よくある質問過払い金請求訴訟しないで過払い金を取り戻すのと、訴訟して過払い金を取り戻すのでは何が違いますか。
訴訟しないで過払い金を取り戻すのと、訴訟して過払い金を取り戻すのでは何が違いますか。

回答

取り戻すことができる金額や取り戻すのにかかる期間等、それぞれにメリット・デメリットがあります。

 

解説

  • 訴訟しないで過払い金を取り戻す場合

この場合は、弁護士と貸金業者との交渉により取り戻すことになります。

この場合のメリットは、訴訟と比べて早期の回収が図れること、費用が抑えられることです。

デメリットは、交渉による解決であるため、貸金業者が応じない可能性があること、回収する過払い金額など相手の言い分や事情を踏まえて、当方も条件を譲らなければならない場合があることなどです。

  • 訴訟して過払い金を取り戻す場合

この場合のメリットは、貸金業者と主張が食い違う場合には、その点について裁判所の公平な判断を仰ぐことができることがあげられます。

また、通常、過払い金にも支払いまでの法定利息が付されます。訴訟することで期間を要しますが、その分支払いまでの利息が付きます。

加えて、訴訟後、貸金業者が過払い金の支払いに応じない場合には、強制執行することも可能です。訴訟する場合のデメリットは、上記のとおり、期間を要することや訴訟費用などがかかることです。

また、回収に時間をかけることにより、請求先の貸金業者が倒産するリスクも考えられます。

債務整理・自己破産・個人再生は
弁護士法人中部法律事務所にお任せください。
名古屋事務所
春日井事務所

対応エリア
対応エリア

●名古屋市内

(千種区・東区・北区・西区・中村区・中区・昭和区・瑞穂区・熱田区・中川区・港区・南区・守山区・緑区・名東区・天白区)

●愛知県全域

(一宮市、瀬戸市、春日井市、半田市、豊橋市、岡崎市、豊川市、津島市、碧南市、刈谷市、豊田市、安城市、西尾市、蒲郡市、犬山市、常滑市、江南市、小牧市、稲沢市、新城市、東海市、大府市、知多市、知立市、尾張旭市、高浜市、岩倉市、豊明市、日進市、田原市、愛西市、清須市、北名古屋市、弥冨市、みよし市、あま市、長久手市、愛知郡東郷町、丹羽郡、海部郡、知多郡、額田郡幸田町)