よくあるご質問

他人の借金の保証人になっています。借金した本人が債務整理すると聞きました。私にどのような影響があるでしょうか。

ホーム よくある質問債務整理全般他人の借金の保証人になっています。借金した本人が債務整理すると聞きました。私にどのような影響があるでしょうか。
他人の借金の保証人になっています。借金した本人が債務整理すると聞きました。私にどのような影響があるでしょうか。

まずは、保証人であるか否かを確認しましょう。
保証人である場合、お金を借りた本人(主債務者といいます)に代わって、残りの借金を返済しなければなりません。

保証人は、主債務者が、当初の契約どおりに返済できなくなった場合に、主債務者に代わって借金を返済する義務を負っています。保証人は、ご自身がお金を借りたわけではないけれども、自分がお金を借りたのと同じ責任を負っているということです。
このような責任を負いますので、保証の際には、保証人本人が書面で保証することに同意しなければなりません。
貸金業者の契約書には、家族等の指名・連絡先を記入するする欄のあるものもありますが、主債務者がここに名前を書いただけでは、保証人になりません。また、保証人の同意のないまま、他人が勝手に契約書の保証人欄に署名しても、保証人の責任を負うわけではありません。
契約書の保証人欄に、保証人自ら署名・押印しているかどうか、確認してみましょう。

なお、保証人には、詳細には保証人と連帯保証人とがあります。
法律上、保証人よりも連帯保証人の方が重い責任を負っています。たとえば、法律上、連帯保証人は、仮に主債務者に返済する収入や財産があっても、また、貸金業者が主債務者より先に連帯保証人に請求してきたとしても、反論できず、返済に応じなければなりません。
このように連帯保証人には重い責任がありますので、貸金業者が保証人を付ける場合、ほとんど連帯保証人を付けています。

保証人になっている場合は、先ほど述べたとおり、主債務者に代わって、残っている借金を返済する責任があります。
保証人になる際は、現実にお金を借りるわけではないので、具体的な返済計画を立てたり、家計を見直す方はほとんどいません。主債務者が返済できなくなり、貸金業者から実際の請求が来て初めて、返済ができないなど問題を抱える方が多くいらっしゃいます。そのような方は、身近な弁護士への無料相談下さい。

債務整理・自己破産・個人再生は
弁護士法人中部法律事務所にお任せください。
名古屋事務所
春日井事務所

対応エリア
対応エリア

●名古屋市内

(千種区・東区・北区・西区・中村区・中区・昭和区・瑞穂区・熱田区・中川区・港区・南区・守山区・緑区・名東区・天白区)

●愛知県全域

(一宮市、瀬戸市、春日井市、半田市、豊橋市、岡崎市、豊川市、津島市、碧南市、刈谷市、豊田市、安城市、西尾市、蒲郡市、犬山市、常滑市、江南市、小牧市、稲沢市、新城市、東海市、大府市、知多市、知立市、尾張旭市、高浜市、岩倉市、豊明市、日進市、田原市、愛西市、清須市、北名古屋市、弥冨市、みよし市、あま市、長久手市、愛知郡東郷町、丹羽郡、海部郡、知多郡、額田郡幸田町)