債務整理用語集

同時廃止(どうじはいし)|債務整理・自己破産・個人再生・会社破産の用語集

ホームブログ債務整理用語集た行同時廃止(どうじはいし)
同時廃止(どうじはいし)

1.定義

同時廃止とは、破産手続開始決定と同時に、破産手続を終了する破産手続のことを言います(破産法216条1項)。

 

2.解説

[破産管財手続との違い]

自己破産手続には、管財手続(管財事件)と同時廃止手続(同時廃止事件)の2つの手続があります。

 

管財事件とは、破産手続上、破産管財人が選任される事件を言います。 管財事件には、①財産を多く保有している,財産状態が不明瞭である場合などに破産管財人の調査を必要とする場合の財産調査型、②否認権行使の対象となりうる行為がある場合の否認型、③免責不許可事由があり、管財人が免責調査などを行う必要のある場合の免責観察型の類型があります。

 

[同時廃止手続になるケース]

同時廃止手続になるケースとしては、債務者の資産総額が少額である場合,否認権行使の対象となる行為がない,免責不許可事由がないなどの場合に,同時廃止事件となります。

 

[同時廃止手続の流れ]

同時廃止手続の流れは、以下のとおりです。

 

①自己破産申立てに必要な書類や資料を準備し、裁判所へ破産手続開始の申立てをします。 

②裁判所が破産手続開始決定をします。 同時廃止手続の場合、破産手続開始決定と同時に、破産手続廃止決定をします。

③裁判所で免責審尋期日が開かれます。当日は、弁護士とともに、期日に出席します。 

④裁判所が免責許可決定をします。

 

3.参考条文

○破産法第216条1項 裁判所は、破産財団をもって破産手続の費用を支弁するのに不足すると認めるときは、破産手続開始の決定と同時に、破産手続廃止の決定をしなければならない。

債務整理・自己破産・個人再生は
弁護士法人中部法律事務所にお任せください。
名古屋事務所
春日井事務所

対応エリア
対応エリア

●名古屋市内

(千種区・東区・北区・西区・中村区・中区・昭和区・瑞穂区・熱田区・中川区・港区・南区・守山区・緑区・名東区・天白区)

●愛知県全域

(一宮市、瀬戸市、春日井市、半田市、豊橋市、岡崎市、豊川市、津島市、碧南市、刈谷市、豊田市、安城市、西尾市、蒲郡市、犬山市、常滑市、江南市、小牧市、稲沢市、新城市、東海市、大府市、知多市、知立市、尾張旭市、高浜市、岩倉市、豊明市、日進市、田原市、愛西市、清須市、北名古屋市、弥冨市、みよし市、あま市、長久手市、愛知郡東郷町、丹羽郡、海部郡、知多郡、額田郡幸田町)