コラム

総量規制で借りられなくなった?|債務整理・自己破産・個人再生・会社破産のコラム

ホーム コラム債務整理コラム総量規制で借りられなくなった?
総量規制で借りられなくなった?

総量規制という言葉を耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか?これについて、わかりやすく解説いたします。

 

総量規制が設けられる以前の状況

貸金業者の不十分な事前審査のため、本来であれば返済能力を超えていると思われる人にまで過剰に融資が行われ、結果として多くの多重債務者が発生し、さらにその方たちが、過酷な取り立てにより自殺に追い込まれるということが頻発して社会問題となりました。

このような状況に対応するために、総量規制が設けられることになりました。

 

総量規制とは何でしょうか?

個人が借り入れる場合の総額が年収の3分の1にまで制限されることをいいます。

これにより、年収300万円の人は、100万円までの借り入れに制限されることになりました。

また、貸金業者1社に対し50万円以上の借り入れを申し込む場合や、他の貸金業者からの借り入れと合計すると100万円以上借り入れる場合は、収入を明らかにする書類の提出が義務づけられるようになりました。

 

総量規制の対象となる貸付け

借入にもいろいろな種類があり、「個人向け貸付け」「個人向け保証」「法人向け貸付け」「法人向け保証」の4種類があります。総量規制の対象となるのは、「個人向け貸付け」です。具体的には、

消費者金融、信販会社、クレジット会社からの借り入れなどが対象となります。

 

総量規制の対象とならない貸付け―除外の場合―

総量規制の対象とならない貸付けには、除外されるものと例外とされるものがあります。

除外される貸付けの具体例としては、以下のものが挙げられます。

住宅ローン(不動産購入または、不動産改良のための貸付け)

自動車ローン(自動車購入時の自動車担保貸付け)

・高額療養費の貸付け

 

総量規制の対象とならない貸付け―例外の場合―

例外の場合は、除外と異なり、総量規制の対象として計算に入れるものの、年収の3分の1を超えている場合でも、返済能力を判断したうえならば、貸付けが可能とするものをいいます。

例として、年収300万円の人が既に100万円を借り入れている状況において、急な病気により、さらに数十万円の借り入れが必要となった場合が挙げられます。このような場合、返済可能と判断されれば、借り入れることが可能となります。

 

例外の貸付けの具体例としては、以下のものが挙げられます。

緊急に必要となった医療費の貸付け

一般に、おまとめローンと呼ばれる顧客に一方的有利となる借換え

社会通念上緊急に必要と認められる費用を支払うための資金の貸付け

配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付け

個人事業者に対する貸付け

 

総量規制の対象とならない貸付け―銀行からの借り入れ―

銀行法の適用を受ける銀行からの借り入れは、総量規制の対象外となっています。したがって、銀行による独自の審査により、返済能力に問題がないと判断してくれれば、総量規制に拘束されることなく、借入をすることが可能です。

 

総量規制は、消費者を多重債務から守るために設けられました。総量規制について、相談なさりたいことがあれば、債務整理の実績を多数有する当事務所の弁護士にご相談ください。

 

 

債務整理・自己破産・個人再生は
弁護士法人中部法律事務所にお任せください。
名古屋事務所
春日井事務所

対応エリア
対応エリア

●名古屋市内

(千種区・東区・北区・西区・中村区・中区・昭和区・瑞穂区・熱田区・中川区・港区・南区・守山区・緑区・名東区・天白区)

●愛知県全域

(一宮市、瀬戸市、春日井市、半田市、豊橋市、岡崎市、豊川市、津島市、碧南市、刈谷市、豊田市、安城市、西尾市、蒲郡市、犬山市、常滑市、江南市、小牧市、稲沢市、新城市、東海市、大府市、知多市、知立市、尾張旭市、高浜市、岩倉市、豊明市、日進市、田原市、愛西市、清須市、北名古屋市、弥冨市、みよし市、あま市、長久手市、愛知郡東郷町、丹羽郡、海部郡、知多郡、額田郡幸田町)