スキップナビゲーション

業務内容

自己破産 借金をゼロにし、再スタート

  • 「借金の返済ができない」
  • 「破産して一からやり直したい」
  • 「自己破産を検討している」 など
自己破産

借金・その他債務の支払いができない場合、弁護士が、裁判所に破産申立てを行います。借金・その他債務の免責を得ることで、一からやり直すことができます。

個人再生 住宅を守り、借金を大幅カット

  • 「借金の返済が厳しい」
  • 「マイホーム(住宅)を守りたい」
  • 「債務総額を減らしてほしい」 など
個人再生

借金・その他債務の支払いが困難な場合、弁護士が裁判所に個人再生申立てを行います。借金・その他債務の大部分の免除を受けることで、返済することができます。

法人破産・再生・清算

  • 「借金の返済や支払いができない。破産を検討している」
  • 「資金繰りが苦しく、借金整理して会社を再生したい」
  • 「会社を廃業して清算したい」 など
法人破産・再生・精算

会社の借金・その他債務の支払いができず、事業を清算する場合は法人破産を行います。会社の借金・その他債務の支払いが苦しいけれど、これらを整理すれば事業を再生できる場合は民事再生を行います。債務超過でない場合は会社清算します。

任意整理 交渉で借金を減額する

  • 「借金の支払いを減らしたい」
  • 「金利が高くて借金が減らない」
  • 「借金の取立てを止めたい」 など
任意整理

債務の支払いが困難な場合、弁護士が、借金を法律上の金利で再計算(引直計算)した上で、債権者とその返済額や条件を交渉し、毎月の返済額を減らします。

過払い金請求 払い過ぎた利息を取り戻す

  • 「払いすぎた利息を取り戻したい」
  • 「過去に完済した会社がある」
  • 「過払い金があるか調べてほしい」 など
過払い金請求

過去に消費者金融等から借金があり、払い過ぎた利息(過払い金)がある場合、弁護士が貸金業者から取り戻します。必要な場合は、裁判によって回収します。

その他 不当請求を争う

  • 「不当請求を受けている」
  • 「勝手に保証人になっていた」
  • 「裁判を起こされてしまった」 など
その他

理由のない請求、身に覚えのない請求、無断で保証人にされていた等の不当な請求をされたり、そのような裁判を起こされた場合、弁護士が対応します。

ここがポイント!自分の借金問題の解決に、どの方法が一番よいかわからない・・・そんな方に!

借金問題解決までの流れ

借金問題で当事務所が選ばれる理由

名古屋駅前の弁護士法人中部法律事務所は以下の理由で選ばれています。

安心価格 弁護士費用を詳しく見る

相談料無料!

費用分割払いOK!

女性弁護士も在籍! 所属弁護士紹介を詳しく見る

男性弁護士には相談しづらい…
そんな方でもお気軽にご相談ください!

高い専門性 事務所の特徴を詳しく見る

高い専門性・豊富な経験で
最良のご解決をご提案します!

私たちにお任せ下さい!

ご依頼者様の声

  • 春日井市 40代女性(個人再生)

    愛知県春日井市40代女性の個人再生の依頼者の声をご紹介します。   事務員の対応:大変満足 弁護士の対応:大変満足 解決までのスピード:大変満足 解決…

    詳細を見る

  • 稲沢市 40代女性(任意整理)

    愛知県稲沢市40代女性の任意整理の依頼者の声をご紹介します。   事務員の対応:大変満足 弁護士の対応:大変満足 解決までのスピード:大変満足 解決の…

    詳細を見る

  • 知多市 40代男性(任意整理)

    愛知県知多市40代男性の任意整理の依頼者様の声をご紹介します。   事務員の対応:大変満足 弁護士の対応:大変満足 解決までのスピード:大変満足 解決…

    詳細を見る

  • 日進市 50代男性

    「個人再生をお願いしたのですが取りかかりが早く、相談当日には先のビジョンが見える様になりました。メールでのやりとりと事務所に2度ほどお伺いしたのみで裁判所には一…

    詳細を見る

  • 春日井市 30代女性

    「主人が病気で倒れ、全てどうしていいのか分からなく不安の中、生活保護をうけるため自己破産をお願いしました。小松さんがたんとうしてくださり、心強かったです。小松さ…

    詳細を見る

  • 大府市 70代女性

    「2・3度ほど質問の為、事務所に連絡した際に即座に先生が対応して頂き、お話しもし易く対応も好く感し好かった」 「今回依頼するまでに知人・ネット・メールなど多方面…

    詳細を見る

  • 小牧市 40代女性

    「法律の事は何も分からないまま手続きをする上できちんと解りやすく説明していただき最善の解決方法を考えていただきありがとうございました。」   愛知県小…

    詳細を見る

  • 名古屋市 60代女性

    「このたびの件で、大変お世話に成りました。安心して、その日が暮せ、生活をしていけます。頑張ます。有難うございました。」 「このたびの件でご相談をし大変、お世話に…

    詳細を見る

  • 名古屋市 40代男性

    「私の抱えていた問題点を的確に把握し、対策を提案してもらいました。各社とは、当方に有利に交渉して下さった様に思えます。解決して頂いて本当に助りました。」 &nb…

    詳細を見る

  • 春日井市 60代女性

    「質問に対して親切にご指導頂きとても安心して手続きすることが出来ました。」 「書類に記入する所を解りやすくして下さったり何事に対してもスピーディーに進めて下さり…

    詳細を見る

ここがポイント!自分の借金問題の解決に、どの方法が一番よいかわからない・・・そんな方に!
※本フローチャートは簡易なものですので、実際の手続きの選択については必ず弁護士にご相談ください。

新着情報

債務整理Q&A Q&A一覧へ

支払督促を受けた場合、一定期間内に一定の裁判手続きを取らないと、財産(銀行などの金融機関の預金や給料)が差し押さえられる危険性が高いです。 詳しくはこちら:債務整理用語集「支払督促」速やかに、弁護士に相談して、強制執行されないようしてもらう…

詳細を見る

官報とは、独立行政法人国立印刷局が発行している国が発行する機関紙です。 官報について、詳しくはこちら:官報とは何ですか?債務整理をすると官報に掲載されますか?   個人再生をすると、法令の規定に基づく公告の1つとして、官報に載るこ…

詳細を見る

官報とは、独立行政法人国立印刷局が発行している国が発行する機関紙です。 官報について、詳しくはこちら:官報とは何ですか?債務整理をすると官報に掲載されますか?   自己破産をする場合、法令の規定に基づく公告の1つとして、官報に載る…

詳細を見る

官報とは、独立行政法人国立印刷局が発行している国が発行する機関紙です。   法律、政令、条約等の交付、国の諸報告や資料を公表する「国の広報紙」「国民の公告紙」であり、また、法令の規定に基づく各種の公告を掲載してます。行政機関の休日…

詳細を見る

取り戻す過払い金額や過払い金を取り戻すのに必要な期間など違いがあります。 訴訟しないで過払い金を取り戻す場合、弁護士と貸金業者との交渉により取り戻すことになります。この場合のメリットは、訴訟と比べて早期の回収が図れること、費用が抑えられるこ…

詳細を見る

少なくとも1回は裁判所へ行く必要があります。また、破産管財人との面接・打ち合わせなども行う必要があります。 管財事件では、裁判所が、弁護士の中から破産管財人を選任し、裁判所の監督のもと、破産管財人が破産者の財産管理や調査など諸手続きを行うこ…

詳細を見る

まずは、保証人であるか否かを確認しましょう。保証人である場合、お金を借りた本人(主債務者といいます)に代わって、残りの借金を返済しなければなりません。 保証人は、主債務者が、当初の契約どおりに返済できなくなった場合に、主債務者に代わって借金…

詳細を見る

任意整理は、自己破産や個人再生と異なり、任意整理自体が裁判手続きであるということはありません。任意整理は、貸主と個別に交渉して和解を締結していく手続きであり、原則として裁判所は利用しません。しかし、貸主側から訴訟を提起される場合や、過払い金…

詳細を見る

自己破産では、裁判所が指定する日時(平日のみ)に、裁判所に行く必要があります。 破産手続きでは、破産者は、裁判所の求める説明に応答したり、必要な事項への協力をする必要があります。これらを拒否したり、協力しない場合、借金など債務の免責を受けら…

詳細を見る

権利を有していても,それを一定期間(時効期間といいます)行使せずにいると,権利が消滅してしまうことがあります。このような制度のことを,消滅時効といいます。債務整理でよく問題となる消滅時効は,借金の消滅時効と過払い金の消滅時効です。 借金の消…

詳細を見る

債務整理コラム コラム一覧へ

「自己破産や個人再生をすると、官報に掲載されます。」 債務整理、とくに自己破産や個人再生の相談をされたことがある方は、弁護士や司法書士から、このような説明を受けたことがあるのではないでしょうか。 でも、官報とは何か、どのような情報が掲載され…

詳細を見る

様々な理由で、家族に内緒で自己破産をしたいという方がいらっしゃいます。 ・自己破産がばれたら離婚されるかも ・借金があることを妻(夫)に言ってない・秘密にしている ・親に迷惑や心配かけたくない 家族に内緒で自己破産できるか、まとめてみました…

詳細を見る

自己破産を検討されている方で、保険に加入されている方も多いと思います。 ・自己破産したら保険を解約しなくてはならない? ・たくさん保険に入っている場合はどうなるの? ・加入中の保険会社から契約者貸付を受けている場合はどうなるの? ・子どもの…

詳細を見る

自己破産を検討されている方で、賃貸アパート、賃貸マンションなど、賃貸住宅にお住まいの方も多いと思います。 ・自己破産したら、賃貸借契約が解除されて、アパートを追い出されるの? ・自己破産しても、賃貸マンションに入居できるの? このようなお悩…

詳細を見る

個人再生は、債務者にとって大変心強い制度ですが、必ずうまくいくというわけではありません。個人再生が失敗するということは可能性としてあり得ます。 ここでは、個人再生の失敗についてご説明いたします。   個人再生の失敗とは 個人再生の…

詳細を見る

借金やローンを組んで、貸金業者など債権者からの取り立てに悩まされている方々にとって、弁護士は強い味方です。なぜなら、債務整理を弁護士に依頼した場合、債権者からの直接の取り立てが止んでしまうからです。 それは、弁護士が債権者に対して受任通知を…

詳細を見る

 自己破産の手続には、それに伴う手続きとして免責手続があります。これにより、免責の許可決定を受ければ、債務からの支払い義務から解放され、各種の資格制限も解除されることになります。 但し、免責許可は必ず下りるものではなく、免責不許可…

詳細を見る

借入をなさっている方なら必ず押さえておきたい利息制限法と貸金業法について、わかりやすくご説明いたします。   利息制限法とは この法律は名前の通り、利息の上限について定めた法律です。この法律によると、利息の上限は、以下のように定め…

詳細を見る

自己破産手続が開始した場合、いくつかの不利益を受けることになります。その中の一つが資格制限です。つまり一定の仕事においては、資格を使っての仕事ができなくなりますので、事実上、自己破産ができない職業の方がいらっしゃるということになります。 こ…

詳細を見る

自己破産手続においては、債務者は、裁判所からの免責許可決定が下りたならば、債務の返済義務から免れることができます。 但し、これはすべての債務が対象となるわけではなく、一定の借金は、今後も返済を続けなければなりません。これを債権者の立場からは…

詳細を見る

お知らせお知らせ一覧へ

当事務所は、名古屋事務所及び春日井事務所とも、平成28年8月11日から16日までの期間を、夏季・お盆休暇期間として休業させて頂きます。 8月12日、15日、16日を臨時休業とし、8月17日以降は通常営業となります。   ご迷惑をお…

詳細を見る

名古屋事務所は、平成28年4月29日~5月1日、5月3日~5月5日の間、GW期間中のため休業させて頂きます。 なお、5月2日は、通常通り営業いたします。 また、5月6日からは平常通りの営業となりますので、6日、7日土曜日(名古屋事務所のみ)…

詳細を見る

当事務所は、平成27年8月12日~8月16日までの間、夏季休業となります。 ご迷惑をお掛けしますことをお詫び申し上げます。 今後とも当事務所をよろしくお願い致します。

詳細を見る

弁護士法人中部法律事務所(名古屋事務所・春日井事務所)は、平成27年5月2日~5月6日までの間、GW期間中のため休業させて頂きます。 なお、4月30日及び5月1日は通常通り営業致します。 ご迷惑をお掛けしますことをお詫び申し上げます。 今後…

詳細を見る

弁護士法人中部法律事務所(名古屋事務所・春日井事務所)は、平成26年12月27日(土)~平成27年1月4日(日)までの間、冬季休業とさせていただきます。 新年は平成27年1月5日から営業致します。 ご迷惑をおかけしますが、今後とも当事務所を…

詳細を見る

借金問題でお困りの方へ

借金問題でお困りの方へ

名古屋駅前、春日井駅前の弁護士法人中部法律事務所は、借金問題の解決に力を入れています。これまで、任意整理、自己破産、個人再生、過払金請求、法人・事業者の破産・民事再生を多数取り扱い、数多くの借金問題を解決してきました。

法人・事業者の破産・民事再生では、債権者10社程度・負債総額数百万円の倒産案件から債権者数百社・負債数十億円の大型倒産案件まで実績があります。

今後も、さらなる専門性の向上に努め、より良い解決をご提案いたします。借金問題でお困りの方は、まずは、弁護士法人中部法律事務所にご相談ください。

無料法律相談の実施

名古屋駅前、春日井駅前の弁護士法人中部法律事務所は、任意整理、自己破産、個人再生、過払金請求、法人・事業者の破産・民事再生について、無料相談・土曜相談・電話相談を実施しています。また、個人の債務整理の場合、費用は分割払いでお受けします。法人・事業者の破産・民事再生の場合、ご相談ください。

 

債務整理の方法

債務整理の方法は、裁判所を利用しない任意整理、裁判所を利用する自己破産、個人再生があります。他にも特定調停という手続きもありますが、弁護士に依頼した場合では、あまり利用されていません。

任意整理は、弁護士が債権者と分割払いの交渉を行う手続きです。通常、利息制限法で引き直し計算した元利金を3年ないし5年の分割払いで返済することになります。過去に利息制限法の上限利率を超える利息を支払っていた方は、元金を減額できます。また、将来利息をカットできるケースがほとんどですので、総返済額を圧縮することができます。

自己破産は、借金・債務の返済が不可能な場合に、債務者が、裁判所に自己破産を申し立て、破産管財人が債務者の財産を換価し、債権者に公平に分配する制度です。財産が一定基準未満であり、免責不許可事由等の問題がない事案では、破産管財人が選任されません(同時廃止事件)。破産手続終了後、免責許可決定を受けることにより、借金・債務の支払義務が免除されます。ただ、浪費・ギャンブル等の免責不許可事由がある場合には、免責が認められない可能性もありますので、事前に弁護士と十分に打ち合わせを行う必要があります。事案によっては個人再生をお勧めすることもあります。

個人再生は、借金・債務の返済が不可能となるおそれのある場合、債務者が、裁判所に個人再生手続きを申し立て、最低弁済額以上かつ清算価値(財産の評価額)以上である計画弁済総額について原則として3年間で分割返済する再生計画を裁判所に認可してもらい、残りの借金の支払義務の免除を得る制度です。住宅資金特別条項を定めることで、住宅を残ることもできます。

最低弁済額は下表のとおりです。清算価値とは、債務者が破産した場合に配当できる金額です。清算価値保障原則から、計画弁済総額は清算価値以上である必要があります。たとえば、負債総額が400万円であれば最低弁済額は100万円となりますが、仮に150万円の自動車を保有しているのであれば、計画弁済総額は150万円以上でなければなりません。

借金の総額

最低弁済額

100万円未満

借金総額全部

100万円以上 ~ 500万円未満

100万円

500万円以上 ~1500万円未満

借金総額の5分の1

1500万円以上~3000万円以下

300万円

3000万円超 ~5000万円以下

借金総額の10分の1

過払金とは、過去に消費者金融等の金利が利息制限法の上限利率を超過していたため、利息制限法の金利であれば完済しているのに、約定利率の返済を続けたために消費者金融等に払い過ぎたお金のことです。弁護士に依頼することで、この払い過ぎたお金を取り戻すことができます。